授乳中のダイエットに生姜紅茶がおすすめ

女性は出産に備えて脂肪が増えますが、赤ちゃんを育てたり家事をこなすうちに自然と痩せることが多いです。しかし中には産後太りを解消することができずに、出産前と比べてスタイルが崩れる人もいます。しかし産後の体はデリケートなので、無理に体を動かして痩せることはできません。また授乳中に食事制限をすれば母乳の量が減り、赤ちゃんへの成長に影響が出ます。授乳中のダイエットには無理なく飲むだけで痩せられる生姜紅茶がおすすめです。紅茶にはカフェインが入っていますが、赤ちゃんの発育の悪いという報告はありません。コーヒー100gに含まれるカフェインが60mg程度で、紅茶は30mgと緑茶を飲むのと変わりません。大人の場合、コーヒーは2杯~3杯は問題ないとされるので、生姜紅茶ならば4杯~6杯は飲んでも良い計算になります。生姜紅茶でダイエットができるのは、体を芯から温めるためです。生姜の辛味成分であるジンゲロンは、血行を促進してお腹の調子を整えることもできます。紅茶は茶葉を発酵させるため、体を冷やさない飲み物として有名です。生姜と紅茶の両方に利尿作用があるため、むくみも解消します。作り方は好きな紅茶にティースプーン1杯~2杯のすりおろし生姜を入れるだけです。特に朝は体が冷えているので、朝食時に飲むと良いです。1日2杯~6杯飲むことで血行が良くなり、常にポカポカします。甘い飲み物が好きな人は甜菜糖などの体を冷やさない糖類を用います。欧米ではジンジャーパウダーで作る家庭もあります。授乳中はカルシウムが不足しやすいので、生姜紅茶に温めた牛乳を入れて、ジンジャーミルクティーを作ると、味にも変化が生じて続けやすいです。