ダイエットすると決めたら目標を経てる

どれくらい体重を落とすか、またその人の体質などによっても異なりますが、ダイエットはそれほど簡単なことではありません。ですから、それを持続させるためには目標をたてることが効果的です。目標は何でも構いません。たとえばこれだけの体重を減らすことができたら、前々から欲しいと思っていた物を購入すると言うものでも構いません。ただできるだけダイエットと関連のある目標の方が、よりダイエットに対する気持ちも前向きになります。ですからたとえば、体重が減ったら着たいと思っていたあの服を着る、とか、夏には思い切ってビキニに挑戦してみると言うようなものが望ましいです。服であれば、先にその服を購入してしまうのもひとつの方法です。着られるかどうかも分からないのに購入するなんてもったいない、と思われる方もいるかもしれません。しかしそのような気持ちは、時にはダイエットの挫折につながるような気持であるとも言うことができます。着たい服がある、けれどダイエットはうまくいかない、だったら別の服を着れば良いか、と言うような具合です。しかしあらかじめ服を購入してしまえば、痩せてその服を着こなしている自分の姿を、よりリアルに想像することができます。また購入してしまったため、その金額を無駄にはできないと言う気持ちも働きますから、一層ダイエット励むことが期待できます。そしてもうひとつ、ダイエットを持続させるためは、できるだけその目標も含め、このことを周囲の人に公言すると言うことです。それは恥ずかしい、と言う気持ちは確かに強いかもしれません。しかし周囲の人に公言してしまえば、言ってしまった手前、プライドもありますから簡単には後には引けない状況が生まれます。また周囲の人からの協力も得やすくなり、よりスムーズにダイエットを進めることが期待できます。