サラダを上手に組み合わせてパンを食べるダイエット

ダイエットの主食としてパンを選ぶ場合でも、食べ方の工夫次第によっては、太りにくい食事に変えることができます。サラダと一緒に組み合わせる食べ方は、実際に美味しいという魅力があるだけでなく、ダイエットの手本になる方法でもあります。粉物中心の食事に変化を与えて、野菜の品目数も増やすためにも、非常に理想的な組み合わせです。

パンは極めて微細な酵母によって発酵する食品ですから、ダイエット中に食べれば消化に優しく、独特な芳香によって気分も癒されるものです。ところが、焼きたての香りに誘われて、最初からパンだけを大量に食べてしまうようでは、糖質を直接に吸収してしまうことになります。このような悪影響を防ぐためには、最初には色彩が豊富なサラダを食べて、食物繊維を摂取することが重要です。野菜を最初に食べる場合には、多くの人は何度も噛む必要があるために、次第に満腹感を得やすくなるのも利点です。

サラダの具材として選ぶ野菜は、季節ごとの旬に合わせる形で、柔軟な形で取り揃えていきます。夏のダイエット中では、トマトやピーマンをサラダに加えるようにすれば、枯渇しやすいビタミンCを豊富に吸収し、紫外線による肌荒れも防ぎやすくなります。トマトもピーマンも完熟したものを選べば、栄養価は非常に高まり、苦味や酸味も穏やかになります。

別々にして食べることができない場合には、サラダをパンに挟むようにすれば、合理的な形でダイエットを進めることができます。食物繊維が豊富な全粒粉のパンには、まっすぐに切れ込みを入れて、血液をサラサラにさせる玉ねぎのサラダを入れる方法がおすすめです。代謝を特に高めたい場合は、キャベツと大根のサラダをパンで挟んで食べれば、ダイエットの成果も上がるようになります。